のぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 関空行きMU747/JL5151便

<<   作成日時 : 2008/01/14 13:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

前回、関空(KIX)発 上海浦東(PVG)経由 昆明(KMG)行きMU748/JL5152便の謎について書きましたが、今度は昆明(KMG)発 上海浦東(PVG)経由 関空(KIX)行きMU747/JL5151便の謎について書きます。

※MU748/JL5152便の謎
http://dunzhi.at.webry.info/200801/article_2.html

■昆明空港でのチェックイン

昆明空港では、大阪までの乗客は国際線ターミナルで、上海までの乗客は国内線ターミナルでチェックインを行います。国際線ターミナルのチェックインカウンターは、税関検査場の中にあるため、まず出国時の税関検査を受けてから、チェックインを行います。

チェックインが終わると、ロビーで待つように指示されます。出発45分前になると、係員が「大阪!大阪!」と言ってロビーにいる乗客を集め、国内線ターミナルに誘導します。その後、国内線ターミナルでセキュリティチェックを受け、普通の国内線の乗客と同じように、搭乗口に向かい、搭乗します。

■昆明→上海浦東

国内線のサービスが提供されます。機内食はちょっと貧弱。アルコール類もありません。

■上海浦東での乗り継ぎ手続き

降機すると、ターミナルビルの入り口で、「大阪!大阪!」と叫ぶ係員が居ます。
係員に搭乗券を見せると、往路と同様に通過整理券がもらえます。
大阪までの乗客に通過整理券を配り終えると、暗証番号を入力しないと開かないドアが開けられ、職員用通路?を通って、いきなり出国審査場に入ります。
出国審査のあとは、セキュリティチェックを受け、セキュリティチェックが済むと、通常の国際線乗客と同じようにゲートに向かいます。(免税店での買い物もできます)
ゲートで通過整理券の1片を渡し、さらにタラップの上で通過整理券を返却して再搭乗完了。往路とは違い、昆明から座ってきたのと同じ席に座ります。
【上海では、荷物のピックアップや、税関検査はありません】

■上海浦東→関空

国際線のサービスが提供されます。機内食はもちろん、アルコール類も出ます。
枕、ブランケット、ヘッドフォンもあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアチャイナ乗りこなし法
中国のフラッグキャリアである、中国国際航空(略称:国航/CA、エアチャイナ/Air Chica)は、スターアライアンス(Star Alliance/星空連盟)にも加盟したためか、サービス品質が以前と比較してかなり向上しましたが、乗りこなすには、まだまだちょっとしたコツが必要です。コツさえつかめば、そこそこ快適&お得に旅行できるので、今回は乗りこなし方法を紹介します! ...続きを見る
のぶろぐ
2012/03/21 23:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
関空行きMU747/JL5151便 のぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる