のぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS FT-857 & VX-7 USB接続ケーブルの製作

<<   作成日時 : 2009/01/26 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

およそ10年ぶりに、半田ごてを握って、無線機とパソコンを接続するインターフェースケーブルを
作ってみました。今回作成したケーブルは2種類あり、以下のことが可能です。

(1) YAESU FT-857 とパソコンをUSBで接続するケーブル

・1-1 無線機の周波数やモードのデータをPCで読み込む(USB経由)
・1-2 PCで無線機の周波数やモードを設定する(USB経由)
・1-3 RTTY等のAFSK信号によるデータ通信を行う(サウンドカード経由)
・1-4 RTTY等を行う際に、PTTの制御を行う(USB経由)
・1-5 PCをエレキーとして利用する(USB経由)

画像


(2) STANDARD VX-7 とパソコンをUSBで接続するケーブル

・2-1 無線機のメモリーをPCに送る(USB経由)
・2-2 PCで編集したメモリーを無線機に転送する(USB経由)

画像


※ご注意: 以下に記載の回路により、無線機やパソコンが故障しても、
一切責任は負えません。以下の回路は、フォトカプラでのアイソレー
ションや、トランジスタによる補強もしていないため、継続的に使用
し続けると、無線機やPCに何らかの問題が発生するかもしれません。


■回路設計

無線機はTTLレベルのシリアル入出力を持っています。
最近はUSBをTTLレベルのシリアル信号に変換する便利なIC(FTDI社のFT232RL)が出ており、
これを利用すれば、簡単に無線機とPCのUSB端子を接続できます。

しかしながらFT232RLはフラットパッケージなので、そのままでは半田付けができません。
そこで今回は秋月電子の「USB-シリアル変換モジュール AE-UM232R」を利用しました。

通販コード K-01977 FT232RL USBシリアル変換モジュール
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01977/

#未確認ですが、以下のものも使えると思います。
FTDI USB・シリアル変換ケーブル(5V) M-05841 [TTL-232R-5V]
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05841/


(A) USBリグコントロール回路

まずは単純にUSBと無線機をUSB接続するケーブルを作ってみました。
この回路では、概要の [1-1] [1-2] [2-1] [2-2] の機能のみを利用できます。

回路図は以下のとおりです。以下の回路は、FT-857 と VX-7 を、
コネクタで切替えて使えるようにしてあります。

なお、回路図中の 47kΩのプルアップ抵抗は、VX-7の為に入れてあるものなので、
FT-857のみを利用する場合は、無くても構いません。
※FT-857を利用する場合に、この47kΩの抵抗が入っていても、動作に影響はありません。
※VX-7とPCを接続する際、47kΩのプルアップ抵抗が入っていないと、受信と送信の切替えに失敗してしまうようです。

画像


(B) データ通信(RTTY/SSTV)機能とエレキー(CW)機能を付加

Aで作った回路に、データ通信用I/Fと、エレキー用I/Fも付加してみました。
この回路では、概要の [1-1] [1-2] [1-3] [1-4] [1-5]の機能を利用できます。

なおレベル調整回路や、論理反転回路も作ってみたのですが、結局は不要でした。

画像


回路図のPDF版はこちら→ http://www7b.biglobe.ne.jp/~dunzhi/blog/FT-857.pdf


■さっそく実装

ユニバーサル基板上に、AE-UM232Rと周辺部品を載せてみました。
外付け部品はわずかなので、空中配線も可能かもしれません。

画像


ケーブルを含めた全体写真は、以下のとおり。タコ足のようになってしまいました。

画像



■無線機の設定

FT-857の場合、CAT/LINEAR切り替えをCATにし、さらに通信速度を4800bpsに設定します。通信速度は様子を見ながら、徐々に上げて行くと良いかもしれません。

VX-7の場合、設定はありませんが、VX-7 commanderの説明に記載してある方法で、VX-7の電源を入れる必要があります。


■PCと接続

1. ドライバのインストール [FT-857 / VX-7共通]

FTDI社のサイト http://www.ftdichip.com/ からドライバをダウンロードし、解凍しておきます。

USB端子に作成したI/Fを接続すると、「新しいハードウェアの検出ウイザード」が起動するので、手順に従ってドライバを インストールします。

2. リグコントロールソフトの設定 [FT-857のみ]

無線機のコントロール機能を有するログソフト等で、設定を行います。

今回は Turbo HAMLOG for Windows と Ham Radio Deluxe (HRD)で、FT-857を制御できることを確認しました。

HAMLOG http://www.hamlog.com/
HRD http://www.ham-radio-deluxe.com/

3. メモリ編集ソフトの設定 [VX-7のみ]

VX-7 Commanderを使って、VX-7のメモリ編集ができることを確認しました。

日本語版 http://homepage3.nifty.com/idoido/je8xqn/vx-7.html
オリジナル http://www.kc8unj.com/vx7.html

4. RTTYソフトの設定 [FT-857 / 回路(B)のみ]

MMTTYなどのソフトを入れて、設定します。
http://www33.ocn.ne.jp/~je3hht/mmtty/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
無線局免許変更申請(データ通信向け)&電子申請チャレンジ
最近はRTTY通信ソフト(MMTTY), SSTV通信ソフト(MMSSTV), パケット通信ソフト(AGW Packet Engine)などが出現しており、以前はハードウェアで行っていた処理をPCのサウンドカード&ソフトウェアで代替することで、簡単にデータ通信を楽しめるようになりました。そこで、データ通信ができるように、局免を変更してみました。 ...続きを見る
のぶろぐ
2010/04/03 12:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FT-857 & VX-7 USB接続ケーブルの製作 のぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる