のぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS マイレージ特典航空券で行くチベット(青海鉄道&ラサ)

<<   作成日時 : 2014/05/11 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ユナイテッド航空のマイレージ特典チケットを利用して、世界一標高の高い場所を走る「青海鉄路」に乗ってラサに行く旅をしました。信仰深い素朴な人々が暮らすチベットへ行く方法についてまとめました。

画像
列車の行先案内版



■STEP1.航空券の予約

まずは航空券の予約を行います。今回は、世界一高い場所を走る「青海チベット鉄道」に乗ることも1つの目的なので、往路は東京→西寧(青海鉄路の始発駅)、復路はラサ→東京で航空券を予約することにした。

ユナイテッド航空の公式ページ(united.com)で、「複数の目的地」を選択して空席検索を行ったところ、2014年1月末に以下のような日程でチケットを予約できた。(使用したマイルは、往復で2万マイル)

[往路]
2014/4/29 アシアナ航空 OZ107 東京成田(NRT)→ソウル仁川(ICN)
2014/4/29 アシアナ航空 OZ333 ソウル仁川(ICN)→北京(PEK)
2014/4/29 中国国際航空 CA1261 北京(PEK)→西寧(XNN)

[復路]
2014/5/4 中国国際航空 CA4111 ラサ(LXA)→北京(PEK)
2014/5/5 ANA全日空 NH906 北京(PEK)→東京成田(NRT)

画像
今回使用した特典航空券


なおunited.comでは、ラサまでの単純往復の予約も可能。しかしながら、エアチャイナ(日本)公式WEBページには、「チベットを目的地とする航空券を購入する場合は、事前にチベット旅行許可証を取得し、購入時にエアチャイナへ提示することが必要。WEBサイトを通じて予約した場合、搭乗を保障できない」旨の記載がある。今回は往路が西寧(チベット外)なので問題なかったが、ラサ往復のチケットをとる場合、または「往路ラサ・復路西寧」の逆コースで回る場合は、搭乗できない等の問題が発生する可能性もある。
http://www.airchina.jp/ja/managemytrip/destinationinformation/tibet.html


■STEP2.チベット旅行許可書(外国人旅蔵確認函)の入手

2014年5月現在、チベットを旅行する外国人は、チベット旅行許可証を取得して携帯することが義務付けられている模様。この許可証の取得は、個人が申請できるものではなく、チベットの旅行会社に「送迎・ガイド・宿泊」の手配を依頼したうえで、チベットの旅行会社から申請してもらう必要がある。

画像

画像
チベット旅行許可証&参加者名簿


WEBで検索して、西寧〜ラサの青海鉄路のチケットの手配と、チベット旅行許可証の発行を請け負ってもらえそうな旅行会社を探して見積もり依頼を出したところ、以下の2社から回答が来た

中国ゴールデン旅(重慶黄金暇期国際旅行社)
http://www.g-tabi.com/guide/qingzang/qz-ruzanghan.php

シムズトラベル(Sim's Cozy Guest House)
http://gogosc.com/jply_tibet_application.asp

[手配依頼内容]
4/29 西寧空港迎え→ホテル送り、ホテル1泊朝食付き(徳宮大酒店)
5/1 ホテル迎え→タール寺・東関清真大寺見学・イスラム料理の昼食→西寧西駅送り
西寧西駅(15:04発)〜快速K9801軟臥〜ラサ(14:35+1着)
5/2 ラサ駅迎え→ホテル送り、ホテルでの夕食(天海大酒店)
5/3 ホテル迎え→パルコール散策→大昭寺→昼食(ヤクステーキ)→セラ寺→パルコール(フリー)→ディナーショー→ホテル送り(天海大酒店)
5/4 ホテル迎え→ポタラ宮→昼食(中華料理)→ヤムドゥク湖→ホテル送り(天海大酒店)
5/5 ノルブリンカ観光→昼食(チベット料理)→ラサ空港送り

今回は、回答も迅速で、料金支払先口座が日本(みずほ銀行)にある、「中国ゴールデン旅」に手配を依頼した。なお料金は、1名参加の場合で約20万円、3名グループ(軟臥・ホテル2室利用・各都市日本語ガイド付き)の場合で、1人あたり約12万円だった。

予約時に11万円、出発10日前に残金の支払いを行い、出発7日前にEメールで最終確認書を受領した。

画像
列車のチケット


■STEP3.いざ出発!

4/29 成田→仁川→北京→西寧

画像


5/1 ホテル迎え→タール寺・東関清真大寺見学・イスラム料理の昼食

画像


画像


5/1〜2 西寧西駅(15:04発)〜快速K9801軟臥〜ラサ(14:35+1着)

画像


画像



5/3 パルコール散策・大昭寺・セラ寺

画像


画像


5/4 ポタラ宮・ヤムドゥク湖

画像
天空の城・ポタラ宮


画像


5/5 ラサ→成都→北京 ※チケット上に表記が無いが、CA4111便は成都経由便

画像


画像
ラサ空港


5/6 北京→成田

画像


■TIPS

・青海鉄道のベストシーズンは、草原が広がる夏。次に良いのは雪景色の冬。今回のような春&秋は、殺風景な景色となる。

・鉄道は標高5000mの峠(タングラ峠)を越えるため、乗車中に高山病になることがある。今回もタングラ駅通過前後から頭が痛くなり、ラサに到着して夕食を食べるころまで頭痛が続いた。またラサ2日目以降も、階段を上ったりすると息切れがした。タングラ駅前後から、車内の酸素吸入機で酸素を吸っておくべきかもしれない。

・軟臥の廊下にはコンセントがある。携帯の電波は、列車の走行中はところどころ圏外になる。

・イスラム料理&チベット料理とも美味しいが、現地では日本の味が恋しくなる可能性あり。インスタントコーヒーやカップラーメン(列車内で重宝)を持参するのがbetter。※食堂車の味はイマイチ。

・今回は食事代までもがツアー代金に含まれているため、現地で使った現金は500元程度。(北京のホテル代などは、クレジットカードを利用)

・エアチャイナについては、「エアチャイナ乗りこなし法」を参照。
http://dunzhi.at.webry.info/201203/article_3.html

・中国でのSIMカード購入については「中国でSIMフリーiPhoneを使う!」を参照。
http://dunzhi.at.webry.info/201103/article_1.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
外国人のチベット入りに関しては、空路・鉄道ともチベット入境証の提示がないと、搭乗・乗車を拒否されます。

空路の場合、たとえ何らの方法で航空券を予約できても、チェックイン時に、旅券および入境証の提示がないと、搭乗券の発給がなされず、搭乗不可となります。これは厳格に運用されています。もし、何らのことで係員が搭乗券を発給したとしても、安全検査時に、旅券・入境証の提示を求められ、ないと搭乗拒否となります。こちら前以上に厳格に運用されます。従って、中国外から他国の航空会社経由で航空券を入手できても、上記の運用で搭乗拒否となります。なお、国航の日本サイトからのラサ行便は外国人は購入できません。何故かというと、外国人の航空券購入には入境証の提示が必須だからです。

鉄道の場合も、購入時に旅券と入境証の提示が必須で、改札時も同様です。

km45
2014/06/13 01:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイレージ特典航空券で行くチベット(青海鉄道&ラサ) のぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる