のぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS エーゲ航空(Aegean Airlines)に乗る旅-番外編

<<   作成日時 : 2014/09/15 22:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

エーゲ航空のゴールド会員証を握り締めて聖地アテネを巡礼し、エーゲ航空のフライトを堪能する旅。番外編は、エーゲ航空に乗ってウイーンに到着したあとでお世話になった、エーゲ航空以外のスタアラ各社の搭乗記です。

画像


前編→ http://dunzhi.at.webry.info/201409/article_1.html
後編→ http://dunzhi.at.webry.info/201409/article_2.html


■番外編1: オーストリア航空
2014/9/3(水) ウイーンVIE→ドゥブロブニクDBV OS-731便

・素晴らしいラウンジ&洗練された空港内

次の便の目的地ドゥブロブニクは、クロアチア(シェンゲン協定外の国)にあるので、まずはシェンゲン協定外行きフライトの発着するターミナルまでバスで移動。

出国審査後に早速オーストリア航空のラウンジを発見! しかし、サントリーニの空港では、荷物はドゥブロブニクまでスルーでチェックインできたものの、搭乗券はウイーンまでしか受け取れなかったので、ラウンジの受付の人に話してドゥブロブニクまでの搭乗券を発行してもらった。

画像


オーストリア航空のラウンジは、簡単に言うと「レベルが高い」。ちょうどお昼時だったが、何度もお代わりしたくなるような美味しいホットミールが数品。ドリンク類もいろいろ。さらに外の景色もバッチリ。コンパクトだがレベルの高いラウンジだった。

画像


空港内の雰囲気は、アテネと違って機能的で洗練された感じ。ギリシアは想像していたより先進国だったが、オーストリアは完全な先進国だと実感した。

・はじめてのオーストリア航空

今回搭乗するOS-731便のゲートに行ったところ、なんと駐機していたのは復刻版塗装を施したA320。

画像


グレーと白に赤いアクセントを聞かせた洗練された機内インテリア。こうして乗り比べてしまうと、エーゲ航空が地味に見えてしまう。(エーゲも新しく清潔な機材&シンプルな内装で、高感度高いが・・)。

画像


離陸後は、スナックとドリンクのサービスがあったが、1時間半のフライトなので食事は出ない模様。ラウンジで食べておいてよかった。

画像


・ドゥブロブニク見えた!

到着直前に外を見てみると、アドリア海の真珠とも言われる美しいドゥブロブニクの景色が。今回はあいにく雨模様だったけど、左窓側をリクエストして正解だった。

画像

画像


到着後は、土砂降りのなか、またしてもバス移動。そして、入国審査に並んだ後、荷物の受取。荷物にはプライオリティタグが付いていたが、なぜか後から出てきた。いつでも効力を発揮してくれるとは限らないらしい。

画像


<ドゥブロブニク>

城壁に囲まれた小さなエリアに、赤い屋根の家々が立ち並び、近年観光客が激増している街。郊外はみずみずしい緑と海がマッチしてのどかな印象。

画像

画像



■番外編2: クロアチア航空
2014/9/5(金) ドゥブロブニクDBV→ザグレブ OU-665便

番外編2はザグレブまでのクロアチア航空の国内線。クロアチア航空も、ANAやエーゲ航空と同様にスターアライアンスのメンバーだが、保有機材はたった12機という小規模なエアラインのため、日本在住者が乗る機会は少ない。

・ドゥブロブニク空港

チェックインは出発の2時間前位から開始される模様。余裕を持って2時間半前に空港に到着したが、チェックインの受付が始まっておらず、待たされてしまった。ゴールド会員用カウンターは存在しないので、エーゲ航空のゴールド会員でも、一般客と同じ列に並ぶ必要がある。

ドゥブロブニク空港の搭乗口は、国内線と国際線とで区分されている。国内線の出発ロビーは、関空のLCCターミナルのような簡素な作りで、保安検査を受けた後はトイレくらいしか用意されていない。(※国際線にはラウンジもあるようだが、今回は利用できず)

搭乗も、特に優先搭乗などなく、みんな揃ってバスで駐機場へ。

画像


・機内〜到着

機内のインテリアはシンプル。水以外の飲み物は有料とのことで、今回は水をチョイス。約1時間でザグレブ空港に到着。

画像


ザグレブ空港は首都の空港にしては小規模な空港で、こちらもバスでターミナルへ。そしてターミナルで荷物を待ったが、なかなか出てこない・・。ようやく出てきた荷物を見てみると、プライオリティタグが付けられていなかった。
最初から最後まで、スターアライアンス・ゴールドの恩恵を全く受けることなく終了したフライトだった。

画像


<ザグレブ>

かわいいモノがいっぱいの小さな街。

画像



■番外編3: トルコ航空
2014/8/29(金) 東京成田NRT→イスタンブールIST TK-053便
2014/9/6(土) イスタンブールIST→成田NRT TK-052便

・面白い飛行ルート

今回、日本とヨーロッパの往復に利用したのはトルコ航空の深夜便。往路は日本を金曜の深夜に出発して土曜日の早朝にイスタンブールに到着でき、復路はイスタンブールを日曜日の深夜1時に出発して同日夜6時半に成田に到着するため、1週間の休暇をめいいっぱいヨーロッパで過ごすことが出来る。

画像


このフライト、往路(TK-053便)は日本からロシアに入ってシベリアルートを飛行してウクライナを通過してトルコへ、復路(TK-052便)はトルコ→グルジア→アゼルバイジャン→カスピ海→カザフスタン→中国→韓国→日本と、中央アジアの国々の国境を縫うようにして飛行する。
※従来、往路(TK-053便)はウクライナ東部を通過していたが、昨今の情勢悪化により!?、比較的安定しているキエフ上空を通過するルートを採っている模様。

画像


・ハードは良い。お値段も安い。後はソフトが・・

トルコ航空は、機材そこそこ、ラウンジ充実、アメニティ充実、さらにチケットも安いので基本的に文句なし。しかし、乗務員がトイレ掃除をほとんどしてくれなかったり、機内食メニューが欧州内線と長距離線でかぶる(必ずチーズ&トマトが出るので飽きる)など、ソフトは若干改善の余地あり。

画像

画像



■まとめ

・ヨーロッパ内の移動経路(地図)

 http://www.gcmap.com/mapui?P=IST-ATH-JTR-ATH-VIE-DBV-ZAG-IST

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エーゲ航空(Aegean Airlines)に乗る旅-後編
エーゲ航空のゴールド会員証を握り締めて聖地アテネを巡礼し、エーゲ航空のフライトを堪能する旅の後編です。 ...続きを見る
のぶろぐ
2014/09/15 22:39
エーゲ航空(Aegean Airlines)に乗る旅-前編
近年人気のマイレージプログラム「マイルズ&ボーナス」を運営するギリシアのエーゲ航空。今回はエーゲ航空のゴールド会員証を握り締めて聖地アテネを巡礼し、エーゲ航空のフライトを堪能してきました。 ...続きを見る
のぶろぐ
2014/09/15 22:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エーゲ航空(Aegean Airlines)に乗る旅-番外編 のぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる