のぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS Dell Inspiron 580S SSD導入方法

<<   作成日時 : 2015/03/15 17:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

DELLのスリムタワーPC Inspiron 580S に、SSDを導入して高速化する方法をまとめました。今回は256GBのSSDを増設してブートドライブにして、元々利用していた1.5TBのHDDをデータディスクとして利用します。

画像


1. SSDの選択と購入

【重要】 Dellのリカバリディスクは、工場出荷イメージに戻すことしかできず、OSのみのインストールができない。工場出荷イメージに戻すためには、購入時に付属していたHDDと同容量の1.3TB以上の領域が必要となるため、SSDに直接工場出荷イメージを焼き付けることはできない。そこで、一旦HDDに工場出荷イメージを書き込んで、その後「クローンユーティリティソフト」を使って、HDDのイメージをSSDにコピーする必要がある。
→ クローンアプリが付属しているSSDを購入しなければ、SSDからWindowsをブートできない。

今回は「Transcend SSD 256GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS256GSSD370」を、amazonで11980円で購入。このSDDは「SSD Scope」というアプリを使って、HDDのクローンを作成可能。なおTranscend以外に、IntelやSamsungも、クローン作成ソフトが付属している模様。

 Transcend SSD Scope
 http://jp.transcend-info.com/Support/Software-10/

画像


SSDと同時に、SATAケーブル1本を購入しておく必要がある。

3.5インチベイに搭載するためのマウンターは、上記Transcend製SSDには標準添付なので購入不要。もし3.5inchマウンターが付属していないSSDの場合は、別途購入する必要がある。

リカバリディスクをまだ作成していない場合は、DVDメディア2枚を購入する必要あり。

必要に応じて、データ退避用の外付けHDD(USB接続など)が必要。


2. リカバリディスクの作成(DVD 2枚)

2011年購入のInspiron 580Sには、リカバリディスクが付属していないため、あらかじめ自分で作成して容易しておく必要がある。

画像



3. データのバックアップ

現在のHDDに保管されているデータは、すべて消えてしまうので、重要なデータを外付けHDDなどにバックアップする。(450GBのデータをDELL Datasafe Local Backupでバックアップしたところ、10時間かかった)

※DELLのツールを使ってバックアップしたところ、標準設定ではBeckyのメールとGPSロガーのデータが、バックアップされずに消失してしまった。バックアップはツールを使わずに、手動で行ったほうが確実かもしれない。

※Windowsをクリアインストールする必要がなければ、HDDの使用量をSSDの容量(256GB)以下にするだけでOK(手順4をスキップ可)。OSをきれいにインストールしたい場合は、現在のCドライブを一旦すべて消す必要がある。


4. OSのクリアインストール ※スキップ可

リカバリディスクから起動し、ディスクの初期化(工場出荷状態に戻す)を行う。
http://www.dell.com/support/article/jp/ja/jpbsd1/SLN289718/JA

「システムリカバリディスクの処理を続行する」
 ↓
「その他のシステムバックアップやオプションを選択します」
 ↓
「ファクトリリカバリ」
 ↓
「新しいファイルまたは変更されたファイルを保存せずに復元する」
 ↓
「はい、続行します」

※この手順4を行うと、HDDのデータがすべて消えてしまうので要注意。


5. ボリュームの縮小

「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「ディスクの管理」に進み、HDDのボリュームをSSDのサイズ(256GB)以下になるよう縮小させる。(Windows 10にアップデートして、ディスク管理を起動できない場合は、"diskmgmt.msc" を手動で実行すれば立ち上がる)


6. SSDの接続

本体の蓋をあけ、HDDの下側に予備のベイがあるので、ここにSSDを装着する。

 [拡張ベイの開け方]
 http://www.pasonisan.com/review/z100301ren_ins580s/in04hdd.html

SATAケーブルは空いている2個のポートのどちらかに接続する。
電源ケーブルも、空きコネクタが1つあるので、これを接続する。

画像


※SATAは1つのポートに1台しか接続できず、IDEのような「プライマリ」「セカンダリ」などの概念は無い模様。したがって、ジャンパなどの設定もなく、そのまま接続すればOK。


7. クローン作成

HDDから起動し、TranscendのWEBサイトより「SSD Scope」をダウンロードする。

SSDの説明書に書かれた手順に従い、クローンを作成する。

クローン作成後、一旦電源を切る。


8. SSDからの起動

BIOSの設定を変更し、SSDから問題なく起動できればOK。

起動に失敗する場合は、HDDのSATAケーブルと電源ケーブルをはずして起動を試みる。

今回はHDDのケーブルをはずした上で、起動エラーの画面で「Last Known Good Configuration (advanced)」を選んだところ、ようやく起動できた。

画像



9. HDD再取り付け

HDDをデータドライブとして利用するため、再びSATAケーブルと電源ケーブルをHDDに取り付けて、SSDからWindowsを再起動する。

※今回はSSDからブートに失敗したが、HDDから起動を試みた後で再びSSDから起動を試みたり、SATAポートをSSDとHDDで逆にしてみたところ、なんとかSSDから起動するようになった。


10.ドライブネーム変更

「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「ディスクの管理」に進み、HDDのRECOVERY領域やOS領域にドライブ文字が割り当てられているので、領域の上で右クリック後、「ドライブ文字とパスの変更」を選択し、ドライブ文字を削除する。

そして、残った未使用領域の上で右クリックし、「ドライブ文字とパスの変更」を選択し、データ領域としてDドライブを割り当てる。

画像



11. データのリストア

上記のステップ10でデータ領域として作成したDドライブに、手順3でバックアップしたデータを戻す。DELLのツールでバックアップした場合、F:\Emergency の下に、1つだけexeファイルが置かれているので、これをダブルクリックすると、復元ツールが起動する。復元ツールでは、任意の場所にデータを書き戻せるので、今回はC:\(SSD)ではなくD:\(HDD)を指定した。450GBのデータを書き戻すのに、12時間かかった。

画像



12. 完成!

以上で、SSDを起動ディスクにして、HDDをデータ領域にできた。
ベンチマークの結果も大満足。

 ベンチマークソフト 「Crystal Disk Mark」
 http://crystalmark.info/software/CrystalDiskMark/

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 Dell Inspiron 580Sを2010年から使い続けています。最近起動に長時間かかるようになり困っていましたが、貴兄の記事を見て、起動時間短縮のためにSSD導入に挑戦することにしました。
 トラセンド社のSSD TS512GSSD370を購入し、貴兄の記事を参考に無事SSD導入に成功しベンチマークテストでも高速化が確認でき、起動時間短縮も達成できました。
 ところが実際に使い始めたら、シャットダウンから数分以内の起動は何の問題も無いのに、10分程度してから起動すると「No boot device available」のメッセージが表示され起動できない事が分かりました。この状態で電源を断、入してBIOS画面でboot deviceをSSDに設定すると正常に起動します。従って10分以上電源断のあとは必ずBIOS設定が必要となり困っています。
 貴兄のアドバイスが頂けたら幸いです。
TK
2015/05/10 12:10
書き込み拝見しました。
HDDの電源とSATAケーブルを外し、SSDのみで運用した場合はどうでしょうか⁇
また、BIOSバックアップ用電池を交換するのも手かもしれません。
Nobu
2015/05/10 12:51
Nobuさん

 早速のアドバイスありがとうございます。
実はSATAポートを種々変更したり、ケーブルを交換したり、SSDのみにしたり、BIOSのボタン電池交換したり、各種インタフェースボードを外したりしましたが、症状はまったく同じでした。
 そこでトラセンド社に問い合わせ、BIOS、ドライバーも最新であるということで、RMA申請し、代替SSDに交換しましたが全く変わらずでした。
 PCの構成は以下のとおりです。
PC構成
・PC :Dell Inspiron 580S
・OS :Windows7 Professional 64-Bit
・BIOS設定:SATA Mode AHCI,ACPI Suspend Type S3
・ドライバ:
コントローラ Intel 5Series/3400Series chipset Family 6 Port SATA AHCI Controller-3B22 2009/6/4
SSD TS512GSSD370 ATA Device 2006/6/21

 起動時に毎回BIOS設定して使うことも出来ないのでSSDはあきらめてHDDに戻すしかないのかと思っていますが、まだトライすることがあったら教えてください。真に恐縮ですが宜しくお願いします。
TK
2015/05/10 14:36
既に色々試されたようですね…。
最後にもう一つ試すとすれば、BIOSの設定を全てクリアして工場出荷状態に戻し、最初から設定し直してみること位かな…と思います。
あまりお役に立てず、申し訳ありません。
nobu
2015/05/11 19:59
Nobuさん

 暫定的に解決しました。シャットダウンした後に電源コネクタを抜き、再立ち上げ時に電源コネクタを挿す方法で安定的にSSDが認識されるようになりました。
 アドバイスで電源が怪しいと思いSATA電源コネクタの5Vと3.3Vラインを観察したところ、シャットダウンで3.3Vラインは完全に0Vになるのに5Vラインは時間経過と共に2V程度まで上昇していました。電源コネクタやHDMIケーブルを接続しているときに電圧上昇が見られたので、取り敢えずシャットダウン後電源コネクタを抜くことで解決しました。
 抜本的対策はDell社に問い合わせたりして検討していきます。

 ありがとうございました。
TK
2015/05/12 09:15
解決まであと一歩のようですね。電源切った後に5Vラインが電圧上昇するとは。。。電源ユニット交換しないと治らないような感じもしますが、まずは原因判明して良かったです。
nobu
2015/05/12 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
Dell Inspiron 580S SSD導入方法 のぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる