余ったドルの預け先はどの銀行が得か?

海外旅行で余ったドルの預け先を検討するため、各銀行の手数料を調べてみた。外貨預金の場合は、様々な手数料が取られるため、なるべく手数料の低い銀行に預けないと、せっかく余ったお金も手数料で消えてしまう!?かもしれない。結果は表のとおり。

2011/3/9更新 UPDATE

$現金入金: ドル紙幣を窓口で預ける場合の手数料
$送金入金: ドルを他行の口座等から送金で預ける場合の手数料
$現金出金: ドル紙幣を窓口で受け取る場合の手数料
$TC出金 : ドルをトラベラーズチェックで受け取る場合の手数料
$ATM出金: ドル紙幣をアメリカ国内のATMで受け取る場合の手数料











米ドル入出金手数料
銀行$現金入金$送金入金$現金出金$TC出金$ATM出金
CITI2円/1$無料2円/1$1%無料
UFJ2円/1$無料1.8円/1$0.5~1%不可
新生不可無料不可不可不可
みずほ1000円/回1000円/回不可
三井住友2円/1$2500円(0.05%)2円/1$1%不可
SONY不可25$不可不可3$
住友信託不可無料不可不可不可


上記の結果より、シティバンクなら、送金もしくはTCで入金すれば手数料無料、さらに出金の際も、ATMで出金すれば手数料無料のため、余ったドルを目減りさせずに預金できるらしい。しかし日本円で50万円以上(外貨なら20万円以上)預けないと、口座管理料を取られてしまうので、申し込む際には注意が必要。

※日系の銀行の外貨預金は、預金というよりはむしろ投資としての性格が強く、ドルのまま入出金するには使いづらいようだ。(入金の場合は円からドルに両替して入金し、出金の場合はドルから円に両替しないと出金できない)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック