マイレージどこに貯める?

せっかくマイレージ会員になっても、特典をもらう為に必要なマイル(ポイント)になかなか届かず、貯めたマイルが有効期限で無効になってしまった経験がある人は多いはず。そこで、無駄なく無理なく貯められる方法をご紹介。

2019/9/25 更新! UPDATE

マイルに有効期限のない米系航空会社を選ぶ

米系航空会社のプログラムなら、ポイントに有効期限がない(※)。したがって、コツコツ貯めればいつかは必ず特典がもらえる。お勧めの会社は以下のとおり。
※正確に言うと、デルタとユナイテッドは有効期限なし。アメリカンは、18ヶ月以内にマイルの増減があれば自動延長。

スターアライアンス系: ユナイテッド(マイレージプラス)※ANAと提携
スカイチーム系: デルタ(スカイマイル) ※スカイマークと提携(特典利用のみ)
ワンワールド系: アメリカン(アドバンテージ)※JALと提携

上記のものは「ポイントカード」なので、会費無料。審査なども無く入会できる。
まずは迷わずに上記3つの会員証を作成してしまうのがBetter。

※デルタ(スカイマイル)では、日本国内線なら【どの会社のフライトに乗っても】マイルが貯まる「ニッポン500マイルキャンペーン」を実施中。例えばJALに乗る場合は、JALとデルタの両方にマイルが貯まるのでお得。
http://ja.delta.com/content/www/en_US/skymiles/earn-miles/earn-miles-with-partners/airlines/japan-500-bonus-miles-campaign.html


クレジットカードを使ってマイルを獲得

各社の提携クレジットカードを使えば、買い物のたびにマイルが簡単にたまる。飛行機に全く乗らず、クレジットカード等でのみマイルを貯めることも可能。入門者には以下のカードがお奨め。

スターアライアンス系: ユナイテッド(マイレージプラス・セゾンカード
→ 年会費1500円で、治療費用300万円(付帯保険では高額)の海外旅行保険が付いてくる。
  追加年会費5000円を払えば、1000円のショッピング利用につき15マイル加算可能(高還元率)。
  貯まったマイルをANA便にも交換可。おすすめNo.1カード。
  ※1000で15マイル貯まるのは、毎年1月~12月の1年間で300万円(マイルアップ分だけで3万マイル)まで。
  ※上記の年間300万円(3万マイル)の制限は、カード1枚ごとに計算される。したがってVISAとMasterなど、カードを2枚以上持てば、年間限度を超えてマイルが加算される。
  ※マイルアップメンバーは、毎月13日前に入会すれば、翌月4日の支払い分(つまり前月1日~末日の支払い分)のショッピングマイルが3倍になる。たとえば1/14~2/13の間に入会した場合、3/4の支払い分(つまり1/1~1/31の買い物分)のマイルが3倍たまる。
  ※たとえばマイルアップメンバーズの期限が9月末までの場合に、9月上旬にマイルアップメンバーの退会を申し出た場合、11月4日引き落とし分(9月末までの買い物分)までマイルが1.5倍貯まる。
  ※詳しくは 03-5996-1212 (マイルアップメンバーズ係)

スカイチーム系: デルタ(スカイマイルJCB・テイクオフカード
→ 年会費たったの1575円で、1000円のショッピング利用につき10マイルも貯まる。
 たまったマイルをスカイマーク便にも交換可。おすすめNo.2カード。

ワンワールド系: アメリカン(りそなAAdvantageカード
→ たまったマイルをJAL便にも交換可

※AAの場合は、携帯電話の利用料などを上記カードで支払えば、マイルの有効期限が毎月18ヶ月延長されるので、実質無期限になる。

画像



■各アライアンスの特徴
アライアンス航空券価格マイル獲得特典交換
スターアライアンス普通普通普通
スカイチーム安め普通難しい
ワンワールド高め難しい容易


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック