鶴見線乗り鉄(2010/5/22)

横浜と川崎の工業地帯を走る「JR鶴見線」。
路線図を見ると奇妙な形をしているので気になっていたものの、乗る機会がありませんでした。
今回、乗り鉄魂を発揮して、鶴見線&南武線に乗ってみました。
複雑な配線や貨物列車など、鉄オタには良い路線かもしれません・・。



画像


画像画像

この記事へのコメント

しろくま
2010年06月06日 15:50
近所に住んでます。鶴見から一駅目の「国道」駅までは歩いていける距離です(2キロぐらい)。鶴見小野駅あたりまでは住宅地なので、電車を降りて歩いてみても面白いです。

もともと工場労働者として沖縄や朝鮮半島出身の方が戦前たくさん住まれていたところで、最近は日系ブラジル人やペルー人の方が増えています。

日系ブラジル人にはもともと沖縄ルーツの方が多いので、このあたりには「沖縄&ブラジル料理の店」なんかがあって面白いです。
2010年06月06日 17:02
しろくまさん、コメントありがとうございます!
ご近所だったとは・・すっかり忘れていました。
扇町駅で、工場勤務後のおじさんに「鉄っちゃんかい?」と声をかけられました(笑)。おじさん曰く、「工場労働者と鉄道マニアしか乗ってないよ!」とのことでしたが、鶴見小野くらいまでは、確かに住宅地で普通の人も乗っていそうな感じでした。沖縄とブラジルという組み合わせは面白いですね。お店探してみます!

この記事へのトラックバック